20190620-00010004-gonkaku-000-6-view

1: THE FURYφ ★ 2019/06/20(木) 20:50:33.96 ID:sZWrUt8/9
日本でも活躍した格闘家パトリック・スミス(アメリカ)が、2019年6月18日(日本時間19日)午後3時15分、膀胱がんにより死去した。55歳だった。

本誌の取材に弟のジェリー・スミス氏は20日、「パトリックはマーシャルアーツを生き、マーシャルアーツを愛していました」と、
兄の思い出を語った。

「パトリックと私たち兄弟は、カンフー、ビリー・ジャック(トム・ローリン)、ブルース・リー、チャック・ノリスらのマーシャルアーツ映画を
見て育ちました。そして、すぐにコロラド州のオーロラ市で、パトリックと私と弟のユージンはポイント空手を始めました。たしか、
パトリックが8歳か9歳の頃だったと思います。決勝戦でパトリックとユージンが対戦したこともあります。その後、パトリックはよりタフな
試合を求めて、サバキ・チャレンジのようなフルコンタクトの試合に挑戦するようになりました。そしてUFC、K-1等での活躍は、皆さんが
知っている通りです」と、ジェリー氏はパトリック・スミスがプロファイターになった経緯を語る。

スミスは米国コロラド州デンバー出身。初来日は、1993年10月に開催された正道会館主催の全日本空手道選手権大会で、1回戦で
佐竹雅昭に一本負け。その名を馳せるようになったのは1993年11月に地元デンバーで旗揚げされた『UFC』がきっかけで、第1回大会の
トーナメント1回戦ではケン・シャムロックにヒールフックで敗れたものの、翌年3月のトーナメントでは決勝に進出してホイス・グレイシーと対戦した。

同年4月にはK-1に参戦し、K-1グランプリの1回戦でアンディ・フグと対戦すると、アンディをわずか19秒でマットに沈める大番狂わせを演じた。
K-1グランプリでは準決勝でピーター・アーツに敗れて第3位。同年9月の『K-1 REVENGE』でアンディと再戦してKO負けでリベンジを許したが、
その後もK-1に定期参戦。1995年12月には田村潔司と総合格闘技ルールで対戦し、ヒールフックで一本負けするも大きな話題を呼んだ。

コロラド州デンバーに総本部を置く、投げや崩しもある空手・円心会館のSABAKIトーナメントでも活躍。ポイント空手やテコンドー・ハプキドーの
動きも採り入れたスミスの打撃は距離が遠く、アンディとの踵落とし合戦、フグトルネードとの交錯は名場面として語り継がれている。

また、ベアナックル(素手)時代のUFCでは、第1回大会こそ足関節に免疫のなかったスミスはケン・シャムロックのヒールフックに敗れたものの、
UFC2では遠い間合いからの前蹴りからの飛び込み&頭突き、マウントでのヒジ打ち、さらにギロチンチョークの有効性にいち早く着目し、
1日3試合を勝ち抜き、ホイスとの決勝に進んでいる(※決勝はホイスのマウントパンチによりタップ)。

来日が途絶えて以降も活動は続け、キックボクシングは2000年に引退したがMMAには2016年まで出場し、20勝17敗の戦績を残した。
スミスの最後の試合は、2016年7月に米国カリフォルニア州サンディエゴで開催された「Gladiator Challenge」。52歳で元Bellatorファイターの
ショーン・ロフラーと対戦し、1R 8秒ハイキックでKO負けしていた。

ジェリー氏は晩年のパトリックについて、「日本の格闘技ファンの皆さん、パトリックは日本での試合を誇りに思い、とても懐かしがっていました」と
語っている。現在、ジェリー氏はパトリックの葬儀と追悼式の資金をクラウドファンディングで呼び掛けている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190620-00010004-gonkaku-fight
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190620-00010004-gonkaku-fight&p=2





2: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 20:51:18.84 ID:r0nbZ57E0
田村戦は忘れない


5: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 20:55:39.35 ID:DTPnJvhQ0
思い出すのは田村との緊張感あふれる一戦だな

15: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 20:59:24.65 ID:YNCBoT7Q0
>>5
見たらほぼ
ガチやな

8: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 20:57:45.88 ID:lw241oZ10
格闘家って短命じゃない?

65: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 21:56:15.34 ID:pSYo2X/r0
>>8
年中接触事故してるようなもんだしカラダにいいわけないよな

13: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 20:59:20.02 ID:HAuhnMLE0
総合黎明期を思い出すわ
ご冥福を

22: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 21:03:05.96 ID:TRsJpmAm0
荒々しい攻撃にフグが全く対応できなくてあっという間にKO負けしたのは記憶にあるわ
そのあとの再戦では冷静に対処してリベンジしてたな

27: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 21:06:23.72 ID:JduAWDys0
バタービーンvsパトスミ
https://www.youtube.com/watch?v=ng-WznfWqV8


28: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 21:07:05.09 ID:+BsNAVfa0
田村とパトスミの素手でのバーリートゥード戦は至高
勝った後の田村の表情を見るだけでいかに真剣勝負って怖いものかよくわかった。

37: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 21:16:51.38 ID:GRFqruR60
ランデルマンも死んだしベルナルドも死んでるし

41: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 21:19:01.74 ID:DN5vmX180
田村はマジでかっこよかった
あの時代に素手でパトスミとやるなんて凄いよ
でも自信はあったんだろうな

45: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 21:24:09.34 ID:yS5wBm0y0
アンディフグ相手にいきなりの踵落とし
その後のストレートで顎を打ち抜いた
あれは見事な奇襲だった

48: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 21:26:35.19 ID:zi8LBWBf0
アンディが負けた事によって生まれた興行「K-1 REVENGE」
その後、「リベンジ」と言う単語が頻繁に使われるようになった。

で、リハビリラー松坂が「リベンジする」と言ったら
リベンジって言葉が流行語に選ばれた。
K-1…じゃなく、ブタ坂が良いとこ取り。

その図々しさが怪物だよ。
メジャーに通用しなかった運だけのブタが
元メジャーリーガーと名乗るな

52: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 21:33:11.57 ID:6axaLD+B0
みんな若くして死んでいくな

53: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 21:34:13.60 ID:FuNeMqqM0
アンディフグも最近見ないな

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561031433/